赤字決算における審査

赤字決算における審査

資金が必要としている際、資金を出してくれる会社にとって大事なのは、資金がきちんと回収できるかどうかになります。

ビジネスローンや銀行などの金融機関からの資金調達は、「借入」のため御社が将来、返済できるかどうかをみます。そうなると、赤字決算の場合、返済の原資がないと判断され、担保等がないと審査が通るのは難しいでしょう。銀行からの融資は、性格的に長期な借入が多いため、長期的・安定的な継続取引に向いています。もちろん、債務超過や、税金の滞納がある場合は難しいです。

一方ファクタリングの場合、「売掛債権の譲渡」なので、資金の回収は、あくまでも売掛債権の売掛先からの期日支払になります。ファクタリングの審査のポイントは、売掛先の信用力であり、ファクタリングを利用する会社の財務状況は、基本的には関係ありません。2社間ファクタリングでいえば、利用する会社が赤字であったとしても、売掛先からの期日入金まで倒産せず、きちんと期日にファクタリング会社に支払うことができれば良いのです。
そのため、赤字だけでなく債務超過、税金の滞納などがある場合も審査に通る可能性はあります。ただし、売掛先からの入金が阻害される「口座凍結」の可能性がある場合は厳しくなります。
また2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを比較すると、3社間ファクタリングの場合は、入金日に売掛先から直接ファクタリング会社に支払われます。
一方2社間ファクタリングの場合は、売掛先からファクタリング利用会社へ払われ、そこからファクタリング会社に支払があります。
そのため審査ポイントとして、直接払われる3社間ファクタリングの方がリスクが少なく3社間ファクタリングの方が手数料は安くなります。しかし、2社間と異なり、売掛先へ調整・3社間での契約・口座変更手続きをしてもらう必要があり、またその手続きの為、2社間に比べて時間も必要になります。

あくまでもファクタリングは、御社が行った営業活動の証である売掛債権を審査ポイントとしているので、そこを実証できる今までの売掛先との取引の証をファクタリング会社に提出して審査にのぞんでください。

赤字決算でも資金が調達できると聞くと、怪しくないのかと思う事もあるかもしれません。何故可能かというと、あくまでも利用する会社の信用に対する借入金(融資)ではなく、ファクタリングはきちんと資金が回収できる売掛債権の売却であるからなのだとわかります。

人気オススメファクタリング記事

<