企業別ファクタリング事例紹介

アパレルの事例

アパレル業界の現状
アパレル業界は、衣服の製造業及び流通業のことで約10兆億円の市場規模で、生活と文化に欠かせません。
文化と共に、また流行といったブームの影響を大きく受け品の鮮度が重要視されるため、常に新しい価値を創造する事が必要です。

シーズン毎に流行を取り入れる必要があるのですが、仕入れ始めるのは春先には秋冬物と早めに仕入れるため、仕入れから販売まで半年ほど時間がかかり、実際の季節の寒暖による影響も大きく、またクリスマス等のイベント時は大きく売り上げを伸ばしますが、動きが少ない閑散期もあります。
また従来の対面販売だけでなくネット系の売上シェアが伸びており、共働き化からも今後ネット販売が伸びていくことが予想されています。

課題としては
① 製造面では、国内工場での機械等の老朽化が進み、IT化が遅れていることが課題となっており、中国がIT化を次々と進めていることから、早急に対応できることが望まれています。
販売においても、消費者も成熟しているので、自分に必要な納得できるものしか買わなくなり、販売方法のネット化が益々求められています。
ただし、ネット化がすすむとクレジットカード率は益々高くなります。
クレジットカードも掛け取引ですので、現金が手に入るまでにタイムラグが発生してしまいます。
② 冬はコートなど商品や素材の関係で原価が高くなりやすく、季節により売上の変動が激しく、冷夏や暖冬といった気候の変化もあるため計画が難しい。
何より消費者の嗜好が目まぐるしく変わる為、タイムリーに流行にいかに早く対応できるか、そして他社に遅れないように仕入れて売ることで、在庫をできるだけ持たないようにする事が大切です。商品の変動が激しく回転サイクルがとても早いのが、何より特徴でしょう。そして季節商品ゆえの型遅れ等在庫商品は商品価値が下がるだけでなく、保管の面からもリスクがあります。
④ サプライチェーンで製造から販売まで連なっている業種であるため、一社倒産が起きると、そこを利用している会社が連鎖倒産となる可能性があります。

倒産でなくとも、材料費・人件費が多い業種である為、何かトラブルがあると立ち行かなくなることがあります。
またOEM(他社ブランドの製品を製造すること)を国外で行う事も多いため、起きたトラブルにすぐ気づきにくい事があります。そのような場合、知り得た時には、何より迅速に対処が必要です。また海外で生産する場合、どうしても為替の影響があり、予測が難しく予想外の事が起こりえることもあります。

ファクタリングのメリット
ファクタリングの特徴として、急な資金化に強いという特徴があります。
手数料がかかるものの、何よりスピードが大事なタイミングはあるのではないでしょうか?
流行はもちろん、季節・生産過程でのトラブル・在庫・ネット化・為替問題と常に課題にタイムリーに解決していかないといけないことが多いアパレル業界ですが、安定した経営の為には一つ一つスピーディーに対応していくことが必要です。その点ファクタリングは相性が良いといれるでしょう。
キャッシュフローで課題がある場合、銀行融資ももちろん良いのですが時間がかかり、チャンスを逃してしまう事もあります。ファクタリングであれば時間もかからず、銀行借入枠を気にする必要もありません。

突発的な事は、スピード解決が何よりです。最短で即日からとスピード感ある資金化が特徴のファクタリングで、突発的なキャッシュフローを改善してみるのも良いでしょう。財務諸表もスリムになる為、次回の銀行融資時に有利になる可能性もあります。

それだけでなく、調達元の売掛債権をファクタリング会社に売ることで連鎖倒産を防ぐメリットもあります。もし売掛先が支払期日よりも前に倒産した場合、御社に支払われない可能性があり、それにより御社が支払をすべき会社共々倒産に巻き込まれるという連鎖倒産の可能性があります。けれども支払期日よりも前にファクタリングで売掛債権をファクタリング会社に買って貰えば、御社がその金額を戻す必要はありません(ノンリコース)ので、リスク回避にもつながります。
トラブル解決、流行やネット化への対応に向けてスピーディーに対応するために、売掛債権の前倒し資金化=ファクタリングをいつでもできるように準備しておくことは、たとえ手数料はかかっても、チャンスを失うよりは利用した方がメリットが多い場合もあるでしょう。
アパレル業界は、多くの取引先との売掛債権を持っているといわれています。
御社の持っているどの取引先の売掛債権だと、どれくらいの手数料になるのか?与信管理の意味からも、ファクタリング会社に相談してみるのは、参考になることが多いでしょう。取引先の財務状態を把握しておくことは、今後の取引の参考にもにもなります。
まずは、流行やチャンスに後れをとらないよう準備の為にもファクタリング会社に相談してみてはいかがでしょうか。