でんさいサービスとは

でんさいサービスとは

「でんさい」とは、企業間の債権(主に売掛金など)を電子的に記録して管理する仕組みです。その債権の譲渡も、パソコンやファクシミリを使って行なうことができます。
「でんさい」は、株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称「でんさいネット」)が記録機関となって運営されています。「でんさいネット」には全国銀行協会が100%出資して設立したもので、1,300を超える金融機関が参加しており、従来からある銀行間の決済システムを利用していることが大きな特徴です。
そして、売掛先の支払企業と売掛債権を持つ利用したい受取り会社は、銀行等のシステムを通じて、「でんさいネット」にアクセスして使うことができます。
このことから、売掛先の会社と利用したい売掛債権を持つ会社は、それぞれ口座を持っている銀行(金融機関)がでんさいネットに参加していれば、新たな口座を作ることなく、また、取引先が増えても新たに契約を結び直すことなく利用することができます。ファクタリング契約を結ぼうとするとネックであった、債権譲渡禁止特約もないのもメリットといえます。そのほか、電子で記録されるため、偽造等のリスクも回避され、今後も増えていくことが予想されます。そしてでんさいでも、支払期日より前に割り引いて現金化することが可能です。
ただし、仕組みが手形に似ており、もし期日より前に割り引いて現金化していたとしても、売掛先が倒産などで支払えなくなってしまった場合、利用会社は、割り引かれた金額で買い戻す必要があります。つまりノンリコースではないと言えます。ですので手形と同様会計上貸倒引当金が必要になってしまいます。

一方で、「ファクタリング」は、売掛債権をファクタリング会社が買取ります。基本的にファクタリングは譲渡したら売掛先が倒産などあった場合でも支払う必要はありません。(ノンリコース)ですので、会計上、貸倒引当金は必要なく、財務上メリットがあるといえるでしょう。

人気オススメファクタリング記事