新設業者の信憑性

新設業者の信憑性

銀行融資やビジネスローンなどの融資では、設立1年目で決算書が出せない時は厳しいと思った方が良いでしょう。そもそも申込書類の中に、「直近2期分の決算書」となっているものがほとんどだからです。
他に資金調達のため、融資を受けたいと思ったら日本政策金融公庫や、地域で行われている創業資金融資などの動きが活発化しています。とはいえ、審査に時間がかかり金利も低くは無く厳しい内容と言えるでしょう。
ベンチャーキャピタルを利用する方法もありますが、やはり各種書類をそろえて投資して貰うのに1~2ヶ月かかります。
ファクタリングでは、新設会社であって、財務状況がまだ赤字であっても信用力の高い売掛先の売掛金を持っていれば、迅速な資金調達が可能です。資金の調達方法をいくつか持っておくのも、今後の更なる成長の為に貴重な経験になるでしょう。また負債が増えず、オフバランスできるという財務的なメリットも大事にしたいところです。
会社設立当初は、どうしてもキャッシュフローにゆとりがない時期になるかと思います。
せっかくの大きな注文が入っても、キャッシュフローが回らずビジネスチャンスを逃してしまっては今後の成長に陰を落としてしまいます。ファクタリングでの迅速な資金調達は、
短期的な運転資金の補てん程度であれば、売上の増加に備えての資金繰りがしやすくなります。
ファクタリング会社で売掛債権を買取って貰うのに必要なものとして、ポイントとなるのは、
・信用力の高い売掛先の売掛債権を持っていること。(目安として帝国データバンクの評定が50以上)
・過去3回ほどその売掛先からの入金の実績がある
・今回の債権の入金時期が確定している(できるだけ1~2ヶ月以内)
になります。
国を挙げて創業、つまり新設会社を支援しています。そのため経済産業省をはじめ、ファクタリング等売掛債権の流動化が中小企業・ニュービジネスの支援に金融面で有効であることを認識し、関連法規の整備などインフラ整備にも積極的に動き出しています。

人気オススメファクタリング記事