ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットをみていきましょう。
断りがない限りは一般的な買取ファクタリング(2社間・3社間)について述べていきます。

① スピーディーに調達可能
銀行融資であれば御社の状況をくまなく審査し、担保や保証人などが必要になる場合もあり、融資まで約1ヶ月程度かかる事が多いでしょう。また時間がかかっても、審査に落ちてしまう可能性もあります。
その点、ファクタリングであれば基本的に売掛先の信用力による売掛債権の売買ですので審査項目が少ない為、最短で即日からと短期間での資金調達が可能です。
もし、銀行融資が難しそうであれば、同時並行でファクタリングの見積もりをとっておくのも良いでしょう。ファクタリングの中でも、手続きが多い3社間よりも2社間の方が早く資金化が可能です。

② 審査が柔軟
審査が、基本的に売掛債権の存在と売掛先の信用力に基づいているため、御社の財務状況に対しての審査については柔軟です。起業してすぐの場合は過去の決算資料などがない為、銀行融資が難しい事が多いです。また個人事業主も融資は厳しいことが多いですが対応しているファクタリング会社も増えてきています。たとえ赤字決算や税金滞納などで融資が受けられなくともファクタリングで資金調達が可能な場合もありますので、新たな資金調達手段の一つとして加えてみてはいかがでしょうか。

③ 売掛先に知られず資金調達できる(2社間ファクタリングの場合)
売掛先に通知しても構わなければ、調整など手続きの為日数はかかりますが、手数料が抑えられる3社間ファクタリングがあります。
ただその場合、売掛先が振込先を変更する必要があったり、残念ながらファクタリングを利用する=資金繰りが厳しく倒産の可能性があるというネガティブな過ったイメージを 売掛先がもっている可能性があります。
それを回避したければ、売掛先に知られない2社間ファクタリングを使えば、御社とファクタリング会社の2社のみで行えます。関係者が少ないことでスピーディーに行えるともいえます。

④ 手形と比べ遡及(回収)義務がない
ファクタリングのしくみと手形割引の仕組みはとてもよく似ています。国外でファクタリング会社は、古くから与信管理機関として、また売掛債権管理のアウトソーシングとして利用されてきました。日本では日本独自の「手形」という商習慣があったため、手形割引を行って早期現金化を行ってきました。手形も売掛債権のひとつですが、異なる点としては、売掛債権はファクタリングして現金化したら、万が一売掛先から倒産などで資金回収できなくても、御社から回収されることはありません(遡及義務なし=ノンリコース)。手形であれば遡及されるため、ファクタリングの方が万一の際にリスク回避できるといえるでしょう。

⑤ 融資と比べ負債が増えない・担保、保証人が必要ない
融資であれば、資金調達する事で貸借対照表の負債が増えることになりますが、ファクタリングであれば売掛債権が現金などに変わるため、貸借対照表のスリム化が行えます。今後融資を行いたい場合にもメリットとなるでしょう。もちろんファクタリングは融資でないため、担保や保証人は必要ありません。

⑥ 選択肢が多い
融資であれば、比較的親しくしているところと限定される事が多いことでしょう。ファクタリングであれば、多くの会社がありますので御社の条件に近いいくつかの会社に見積もりを出してもらう事も可能です。

人気オススメファクタリング記事