入金までに掛かる日数

入金までに掛かる日数
入金までに掛かる日数

引用: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

まず資金を調達したい場合、いくつか方法があります。それぞれのかかる日数をみてみたいと思います。

一般的に資金調達と聞いて、まず思い浮かべるのが銀行からの融資。
銀行からの融資ですと、担保があり、時間もある場合は、低金利で資金調達できるメリットがあります。ただし審査内容が厳しく、一般的に審査に時間がかかるため、1ヶ月程度はみておいたほうが良いでしょう。
ほかに、補助金・助成金といった公的融資も低い金利で利用可能ですが、こちらも資金調達まで時間がかかり、少なくとも1ヶ月程度は見ておいた方が良いでしょう。またその為の書類作成も煩雑で必要とされる数も多く、事務的準備にも時間が必要になります。
株式・社債での調達も、準備期間が最低1ヶ月は必要になります。低い金利での調達には自社の信用力の高さが必要になります。

入金までの日数が早いもので、ビジネスローン・消費者金融・ファクタリングがあります。
ただし、ビジネスローン・消費者金融においては金利が高めになります。
また今後、銀行からの借り入れを考えているのであれば、負債が増えることになるため、信用力が低下して厳しくなることも考えられます。
その点、2社間ファクタリングですと、即日1日からと早く、主に売掛債権の債務者(支払者)の信用力で手数料が決まるため、信用力が高い支払企業の債権であれば低い手数料で資金調達可能です。
ファクタリングは2社間、3社間とありますが、3社間であれば3社で書類の手続きが必要になるため、2社間の方が、書類作成等の事務手続きが少なく入金までの期間が短くなります。

人気オススメファクタリング記事