掛け取引

商品(サービスも含む)取引の支払い方法の一つ
商品の引渡し時には代金支払いを行なわず、決められた期日までに後日支払いを行なうこと。信用取引(しんようとりひき)とも呼ばれる。反対の言葉は「現金取引」となる。
商品購入時における掛け取引を買掛金、商品販売時における掛け取引を売掛金と呼び、帳簿上では、それぞれ買掛金・売掛金の勘定科目で記帳される。取引と支払の間のズレが問題になる場合もある。

人気オススメファクタリング記事