国際ファクタリング

「電子債権」とも呼ばれ、2008年12月に施行された電子記録債権法により、事業者の資金調達の円滑化等を図るために創設された新しい類型の金銭債権をいいます。
一般に電子記録債権には、既存の手形と同様、その譲渡には善意取得や人的抗弁の切断の効力など、取引の安全を確保するための措置が講じられていることから、事業者は企業間取引などで発生した債権の支払いに関して、インターネット(パソコン)やFAXなどで電子記録を行うことで、安全・簡易・迅速にその債権の発生・譲渡等を行うことができます。

人気オススメファクタリング記事