強制執行

債権者が債務者に対して有すると認められた私法上の請求権を、国家権力によって強制的に実現する手続き。民事執行法に規定。強制執行は大きく分けて金銭執行と非金銭執行に分類され、金銭執行は、金銭の支払を目的とする債権(金銭債権)を満足させるための強制執行である。通常は、債務者の財産を差押え、その財産を金銭に換価し、配当による債権の満足という三段階を経ます。
*ファクタリングであれば、公正証書を作る際に関係が出てきます。公正証書とは「公証役場で公証人に作成してもらう書面のこと」で、公正証書があれば債務者が契約通りの支払を怠った場合、裁判をしなくても強制執行(差押)を裁判所に申し立て可能になります。

人気オススメファクタリング記事