オフバランス化

会計の用語で、事業運営に活用している資産・負債を、貸借対照表(B/S)から外す事を意味します。会計上のリスクが存在する取引を貸借対照表(B/S)から外す(オフにする)ことで、総資産事業利益率(ROA)を向上させ、企業価値を高めることが可能です。外部からの評価を高め借入・金利負担を軽減する効果につながります。 ファクタリングで言えば、売掛債権の売却により資産が圧縮され(オフバランス化され)、ROAの分母(資産)が小さくなるので、結果的にROAを高めることができる可能性があります。

人気オススメファクタリング記事