リスクと違法性

リスクと違法性

まず、ファクタリング事態に違法性はありません。

2017年に、ファクタリング業者を語る無許可の貸金業者(通称闇金)が、法外な利息で売掛債権を担保に貸付けを行い、貸金業法違反で逮捕されました。
これは、あくまでもファクタリングの名前を語った、貸金です。
貸金業は本来登録が必要です。登録せずに貸付けを行えば当然犯罪です。
実態は貸付けでも、ファクタリングを名乗っていた高利貸しだったのだとわかります。

一部メディアの書き方だと、ファクタリングがまるで違法かのように感じさせるものもありました。ファクタリング取引はあくまで、「売掛債権の譲渡」であり貸金でもなく、違法ではありません。一般にはなじみの薄い「ファクタリング」という言葉を誤ってとらえて、そのような書き方をされてしまったことをとても残念に思います。

ファクタリングは貸金業法や出資法など金融関連法が定める要件にはあたりません。
ですから、ファクタリングに法規制はなく、業者側も貸金業として登録する必要もありません。

人気オススメファクタリング記事