2社間ファクタリング

資金調達をしたい企業(債権者)とファクタリング会社の二者間で完結する手法で、取引先(債務者)へ債権を譲渡した旨の通知や承諾が不要なため、取引先や第三者に知られることなく資金調達することが可能となっている。通常、スピーディーに進められるというメリットがある一方で、3社間ファクタリングに比べて、期日に債権者を通してファクタリング会社へ支払がされる為、手数料が高くなるというデメリットがある。

人気オススメファクタリング記事