3社間ファクタリング

ファクタリング契約の主体が「ファクタリング会社」と「利用者」(債権者)と「売掛先」(債務者)の三者間で行われる手法(三者合意の債権譲渡契約)。ファクタリング会社が売掛先より直接支払いを受けることが特徴。ファクタリング会社が債権を買い取るため、その後の回収・取り立て・リスク等はファクタリング会社へ引き継がれる。 通常、手数料を安価に抑えられるため、売掛先の承諾を得られる場合に利用される。

人気オススメファクタリング記事