診療報酬債権

医療機関が医療行為を行った際に、保険者(社会保険診療報酬支払基金・国民健康保険団体連合会等)に対して保険診療報酬を請求して受け取る権利。売掛金の一種と言える。
ちなみに保険者から報酬が支払われるまでには必ずタイムラグが発生し、その問題を解決する仕組みとして、ファンドなどが診療報酬請求権を割り引いて買い取り、券化した「レセプト債」というものも存在する。

人気オススメファクタリング記事