償還期間

運用を始める発行日から、運用が終わる償還日(償還期限)までの期間のことで、この期間は、債権者にとっては調達した資金を自由に使える期間であり、投資家にとっては資金運用期間となる。主に債券や投資信託などで使われる用語で、預貯金で言えば、満期までの期間と同じようなものとなっています。ローンにおいては、「返済期間(最終返済日までの期間)」という意味で使われることもあります。

人気オススメファクタリング記事