対抗要件

すでに当事者間で成立した権利関係を、第三者(他人)に対して主張するための法律要件
これを欠くときは第三者は法律関係の成立を否認し得る。
対抗要件の具備によって,第三者に対し事実または法律関係の存在を主張しうる効力を対抗力という。
債権譲渡(ファクタリング)の対抗要件においては、通知・承諾(公証役場にて証書に確定日付を取得)だけでなく、民法の特例として登記(法人のみ)が可能です。

人気オススメファクタリング記事