売掛金

商品や製品の売買など本来の営業取引による売上代金の未入金分を指します。
会計上、未回収となっている債権を対象とする勘定科目をいい、必要に応じて補助科目を設定するのが通常で、貸借対照表(B/S)において、借方項目の「資産の部」の「流動資産」の「当座資産」の一つとして分類されます。業種により建設業であれば、「完成工事未収入金」など用いられる勘定が異なる場合があります。

人気オススメファクタリング記事