売掛債権

売上債権とも同じ意味で使われるが、一般に「売掛債権」は、「売掛債権流動化」や「売掛債権担保融資保証制度」などで使われることがある。
営業行為などにより、取引先に商品やサービスを販売・提供をしたものの、まだ受取っていない代金を請求できる、または代金を受取る権利(債権)のことで、「売上債権」や「営業債権」とも言います。
企業(会社)の貸借対照表(B/S)上の資産の一つで、具体的なものには、「売掛金」や「受取手形」などがあります。
診療報酬債権や介護報酬債権も広義での売掛債権の一つと言えるでしょう。

人気オススメファクタリング記事